うきは市浮羽町新川


by plantago

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

plantago


メール 0831bagel*gmail.com
(*を@にかえてください)

カテゴリ

全体
ハコベジ・アクセス
野菜料理教室
ワークショップ
プロフィール
お野菜ベーグル
ベーグルお中元・お歳暮
営業のご案内
野菜&ワインクラス
ダンクラ
箱ベジプロジェクト
チャビィ(土鍋)
農家さん
野菜レシピ
食育イベント
講演
撮影
野菜と器
親子料理教室
箱ベジ・レンタルスペース
オマケ
八百屋さん
ふくおかマルシェ
箱崎
ハコベジ・部活
イベント
雑誌掲載
お米・調味料・道具
ハコベジ屋
お野菜ベーグル
筥崎骨董市
ファーマーズマーケット
野草
緑の王国
ちくご元気計画
こうげのシゴト
商品開発
photo
311おかえしごはん
未分類

以前の記事

2017年 03月
2016年 12月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 05月

お気に入りブログ

miki印
ブログすたじおG
Afterhours  *69
ちゅらかじとがちまやぁ
今日も食べようキムチっ子...
ヨネごはん
毎日の記録。趣味の記録。
アコーディオン アライタケヒト
樋渡啓祐物語(2005年...
hibi no breath
長丘4丁目から内浜1丁目へ
余宮隆
工房正島ぶろぐ
Cesta de musica
グンジ家の食卓
江副直樹/プロデューサー...
■Pure Snow**...
ねこあし、さしあし、しの...
T Pottery Diary
EurekA
前崎日記
もも庵日記
ヒサシ ノオト
あぶかも
対馬の樹
王子くん&アトムとメルモ...
野上耕作舎の耕作日記
ツジメシ。プロダクトデザ...
能古島の歩き方
おいしい信楽。
読谷共同食堂
徒然
BroomNote 植物生活
独華陶邑お知らせ
gra foto*
九州産直野菜 ・果物 ヴ...
字 間 と 行 間
Kitchen Para...
うきは百姓組
緑の王国  体験農園 福...
やさいのかなん こだわり...
ピースフル的生活
黒木のごちそう たかっぽ
山川ころりん ~たからも...
ヨーク

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

料理家
料理・レシピ

カテゴリ:野菜レシピ( 7 )

オリタさんの菊芋

c0170194_15421342.jpg


オリタさんの菊芋 キク科
フランスではトピナンブール
スウプが美味しいです〜〜!


c0170194_15263816.jpg


#プランタゴ #plantago #菊芋
[PR]
by hakovege | 2017-03-09 15:56 | 野菜レシピ

オリーブを漬けてみた。

c0170194_1912489.jpg


香椎に引っ越してからもう5年ほどになる。
そのときに、購入したオリーブの木。「何種類かいっしょに植えないと実がならないよー」といわれたので、たしか3種ほどいっしょに植えたのだが、それが毎年なるのは数粒。

それが、今年はけっこうなった。といっても片手にはいるくらいだが。

以前、新宮のS田さんのところにおじゃましたときにいただいたオリーブの新漬けの味が忘れられなく、
「漬けてみるかな。」という気になった。
フェイスブックで、「どなたかしってますか~」というと、
ダンディS監督がご存じ、ということで、「農文協のやつが、いちばんわかりやすかったよ。」とコピーをいただく。
おまけに、アク抜きのためのカセイソーダもいただいた。
ここで、登場、カセイソーダ、これでめげる人もおおいかもしれない。
が、一応理系なのでしったかぶりで、「カセイソーダじゃん、」と裏を読むと、劇薬だの、腐食性」だの「有害性」だの警告だのおどろおどろしいが、れっきとした食品添加物なのだ。
これがないと、オリーブのあく抜きはできない。
最初に発見した人は、ほんとすごいなとおもう。
うちのは、ほんのちょっとなので、どうせめんどくさいなら大量に、と小豆島から3キロほどおくってもらった。
c0170194_1910948.jpg

果実の重量をはかり、2%のカセイソーダ液をつくる。(濃度計算ができないといけない。)
それにつけて、16時間。

それから、水洗いをくりえながら3日。(といっても、出張がはいったので、スタッフCちゃんやKさんにたのむ。)
色がでなくなったら、
4%の塩水につける。
c0170194_1857545.jpg

真水であらい、また保存のために3%あたりで漬けなおす。

けっこうめんどーくさいのだ。



でも!抜群においしいです。やめられないとまらい。

本日は、フォカッチャにいれてみたり。(一番上の写真、いまから焼く図。)


これで、カラスミについで、お酒のめる保存食がまたひとつ増えた。

ああ、もうすぐカラスミの季節だなあ。

ということで、ただいまハコベジにはできたてのオリーブございます。
ワインもってあそびにきてください!
[PR]
by hakovege | 2012-11-18 19:20 | 野菜レシピ

野菜の力


c0170194_2024349.jpg


紫ニンジン。ぽりぽりかじると甘い。
毎日野菜の色にはっとして、どきどきする。

c0170194_20442650.jpg


photo: hiroyuki oono

野菜に力があるときは、あまり味をつけずに。
さっと柑橘と、おいしい塩すこし、EXバージンオリーブオイルで。ニンジンの葉もわすれずに。

にんじんの葉はかきあげにしてもうまいし、白和えにしてもうまいし、スウプにそえたりしてもなかなかよかったりする。かわいい葉です、捨てないで。
また、レンジで5,6分でちりちりに乾燥するので、もんで保存しておくといろいろつかえて便利。

深夜食堂ごっこ
[PR]
by hakovege | 2010-01-27 20:47 | 野菜レシピ

佐賀 嬉野・武雄 赤帯ゴーヤ

c0170194_23321679.jpg


土曜日は毎週配達の日。
先週は企画展をやってる木と星さん(大野城)&ビビデさん(平尾)にベーグル・ディップ、ジャムなどを配達し、そのあと、平尾のメリアノーチェさん、百道のボンラパスのなかにある八百屋のヴェルデさん、そして最後は赤坂のキューブリック前での販売。
 今週のトラブル。な、なんと、車のクーラーが故障。この日ピーカン晴れですごい温度。
顔は真っ赤になり、くらくら。メリアノーチェの原さんが、「大丈夫?はい、これ!」といってわたしてくれたキンと冷えたペリエ、もう最高においしかったです、ありがとう。

ヴェルデさんにいったとき、ボンラパスの青果売り場をうろうろして涼んでいたら、もと薬院の青果部のときにいっしょだったHさんと遭遇。「あ、しっとう?赤帯ゴーヤ。うちしか売りよらんよ」
ということで、写真のゴーヤを購入。
佐賀から販促の男の子がきていて、ゴーヤチャンプルーをつくって試食をだしている、ゴーヤ肉厚で味付けもなかなかおいしい。(昼食がわりダワ)
このゴーヤ、沖縄アバシ系でころっと短く太いタイプ。(実はこちらのほうが苦くない)伊良部という品種らしい。
かなりの厚みがありジューシーさがウリ、ふつうのゴーヤよりビタミンCが1.5倍、βーカロチンが1.9倍なんだとか。

いまちょうど1年目クラスのレッスンでゴーヤをやっているが、苦いのが苦手のかたには、ゴーヤの下処理で初級、中級、上級がある。
また、こうやって品種であまりにがくないものを選ぶのもひとつの手。
短くて、ころっと太い、が苦くないポイントです。
でも、苦味もなれてくると、へっちゃらで、苦くないとものたりなくなってくる。

赤帯ゴーヤ、チャンプルにしましたが、
ほんとにジューシーで食べやすい。
子供さんにも大丈夫だとおもいます。みかけたらぜひ!

タナがついた
[PR]
by hakovege | 2009-07-21 13:11 | 野菜レシピ

八代のドライトマト はちべえ

c0170194_2042518.jpg


八代から届いたドライトマト。
「はちべえ」というブランドトマトの規格外トマトで手間ひまかけて作った加工品である。
色もきれいだし、たべてみると旨みが濃縮されていて、そのままたべてもおいしい。


今月は、熊本県からの依頼でこのドライトマトのレシピ開発の仕事があり、
今日はドライトマト相手に四苦八苦。
ごはんにいれたり、お味噌汁にいれたり、
卵焼きにしたり。つくったものはまかないとなり、
スタッフは試作品をたべさせられるのである。

といっても、和的なつかいかたはいままでもよくやっていたので、
あまりおもしろみがない。

なんか「これ!!」っていうのがないかなあ・・・。

でも、今日あれこれしていたら、あるものとトマトがしっくりくるのを発見した。
明日のハコベジヤで試してみよう・・・


c0170194_2105595.jpg

こんなかんじで販売されているが、
福岡はとおりこして、東京で販売されてとても人気らしい。
そうそう、国産のドライトマトはめずらしいのである。
自分で作るにはできるが、量産となると手間暇が大変である。

去年は、八代のトマト部会の女性陣に消費者の立場から、ということで講演をした。
女性陣はものすごくパワーがあり、トマトを愛してやまないかたがおおく、
「どうにかしておおくのかたに食べてほしい」という気持ちがひしひしと感じられた。
ドライトマトも生産が本格化した、といっていたが、
東京で好評のようでよかった!今年はいっしょにドライトマトを楽しみましょう。
まかないはしばらくドライトマト料理ばかりです。

月に2回八代にいきますので、生徒さんでドライトマトほしいかたは、
メールください。かってきまあす。(あれば)
[PR]
by hakovege | 2009-07-02 20:51 | 野菜レシピ

万能ねぎ: ふくおかの食と農 「アグリ」

c0170194_18333572.jpg

  「アグリ」がハコベジにどっさりおくってきました。JAさんの季刊の小冊子です。
JA福岡中央会の古賀さんからの依頼で、葱レシピ。「アグリ」で万能葱を取材するので、
葱がメインのものを2品、という注文でした。

ということで、「アグリ」のなかで、

「ねぎごはん」

「ねぎの常備菜」

の二品をご紹介しています。ねぎが主役、お肉いっさいつかっておらず、超かんたんにできる2品です。
c0170194_1834763.jpg


「アグリ」はハコベジにたくさんおいてありますので、
いるかたは是非もっていってくださいね。

この「アグリ」はけっこう人気で、大丸さんでの販売のときに、レジのちかくにおいておいたら、
あっというまになくなってしまいました。
おまけに、大丸さんの青果売り場で「ねぎごはん」試食にだしていたとか・・・



JAの古賀さんは、いっつも元気でパワフルな女性で圧倒されます。
一度ごはんをご一緒したのですが、お酒もゴーカイ!
以前、新聞の取材で「しょうが」を取材するときに、古賀さんにお世話になりました。

今回は朝倉の万能ねぎの取材や高菜漬け、などふくおかの「食と農」にぐぐっとふみこんだ
でも、とってもイラストもおおくて読みやすい小冊子です。

ぜひみてみてくださいね。
[PR]
by hakovege | 2009-06-01 16:43 | 野菜レシピ

旬の名残り

c0170194_2019655.jpg
先日取材した朝倉のニラ農家さんから、「おなじ土壌でつくったホウレンソウ、うまいから!」と山ほどいただいた。
アルギット・ホウレンソウ。
アルギットというのは、北欧でとれた海藻をベースにした肥料で、
試行錯誤のうえやっといい土壌になったらしい。この話は、またニラ農家さんの話のときにおいておいて。

ホウレンソウのゆであがった赤い茎をみていると、
旬の名残、という言葉が頭にうかぶ。
もう、これでホウレンソウをしばらく茹でることはないなあ、とおもうとさびしくなる。
c0170194_20193785.jpg

「もう、最後かあ」といろんな冬野菜に名残をおしみながら、
また今年の末、寒くなるまで、しばらくさようなら。
[PR]
by hakovege | 2009-04-02 20:21 | 野菜レシピ