うきは市浮羽町新川


by plantago

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

plantago


メール 0831bagel*gmail.com
(*を@にかえてください)

カテゴリ

全体
ハコベジ・アクセス
野菜料理教室
ワークショップ
プロフィール
お野菜ベーグル
ベーグルお中元・お歳暮
営業のご案内
野菜&ワインクラス
ダンクラ
箱ベジプロジェクト
チャビィ(土鍋)
農家さん
野菜レシピ
食育イベント
講演
撮影
野菜と器
親子料理教室
箱ベジ・レンタルスペース
オマケ
八百屋さん
ふくおかマルシェ
箱崎
ハコベジ・部活
イベント
雑誌掲載
お米・調味料・道具
ハコベジ屋
お野菜ベーグル
筥崎骨董市
ファーマーズマーケット
野草
緑の王国
ちくご元気計画
こうげのシゴト
商品開発
photo
311おかえしごはん
未分類

以前の記事

2017年 03月
2016年 12月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 05月

お気に入りブログ

miki印
ブログすたじおG
Afterhours  *69
ちゅらかじとがちまやぁ
今日も食べようキムチっ子...
ヨネごはん
毎日の記録。趣味の記録。
アコーディオン 新井武人 
樋渡啓祐物語(2005年...
hibi no breath
長丘4丁目から内浜1丁目へ
余宮隆
工房正島ぶろぐ
Cesta de musica
グンジ家の食卓
江副直樹/プロデューサー...
■Pure Snow**...
ねこあし、さしあし、しの...
T Pottery Diary
EurekA
前崎日記
もも庵日記
ヒサシ ノオト
あぶかも
対馬の樹
王子くん&アトムとメルモ...
野上耕作舎の耕作日記
ツジメシ。プロダクトデザ...
能古島の歩き方
おいしい信楽。
読谷共同食堂
徒然
BroomNote 植物生活
独華陶邑お知らせ
gra foto*
九州産直野菜 ・果物 ヴ...
字 間 と 行 間
Kitchen Para...
うきは百姓組
緑の王国  体験農園 福...
やさいのかなん こだわり...
ピースフル的生活
黒木のごちそう たかっぽ
山川ころりん ~たからも...
ヨーク

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

料理家
料理・レシピ

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春野菜レッスン

c0170194_693923.jpg

今月から春野菜のレッスンでした。
新玉ねぎ、春きゃべつ、・・・・みずみずしい野菜がならびます。
できあがったプレートもいろどりが春、はなやか。春キャベツはなんてきれいな緑色なんでしょう。

食べる前にはいつもこの風景。
みなさん、おもいおもいにシャッターをきります。

来月は アスパラレッスン+ 春鍋。
アスパラはどこに保存するのが一番かご存じですか?
胃袋ですよ^^   
朝どりは甘いです。呼吸量が多い野菜なので、保存するには呼吸をおさえてやるのがいいです。
それには、温度が大事。
野菜室より、冷蔵室で保存。

明日は生徒のみんなとアスパラ農家さんへ。楽しみです。

お野菜ベーグルサイト www.0831bagel.com
メール: info@110831.com
[PR]
by hakovege | 2009-03-28 06:08 | 野菜料理教室

ハコベジの春

c0170194_254677.jpg


ハコベジにも春がやってきました。

ボケの花と雪柳です。

淡いピンクと白の組み合わせでとてもかわいい。なんでこんな名前なんだろう。

花が終わるとおおきな実をつけます、これも毎年楽しみ。
c0170194_7412042.jpg


下に優雅におよいでいるのは、クロデメくんとめだかくん、なぜかベーグルラスクで育っています。

お野菜やお花で季節を感じることができるのがほんとうに幸せです。

などといいながら、やっぱり花より団子。

c0170194_2115841.jpg


ハハの差し入れの桜餅。つくってもってきてくれました。
この日出勤のベーグル隊は、それは大喜び。

ハハは箱崎ベーグル(しょうが&アンコ)のアンコ担当です。
年期がはいっているアンコはやっぱりおいしい。
c0170194_7335978.jpg


ときどきこんな姿に・・・
[PR]
by hakovege | 2009-03-27 02:18 | オマケ

あまおうベーグル

c0170194_8244262.jpg


あまおうベーグルの仕込みをはじめました、3月26日より発売です。
ただいま、ベジキッチンのベーグル工房はとても甘い香りが漂っております。
みんなで「またこの季節がきたねー」

あまおうベーグル、焼いている時に、ぷっくりとふくれる様子がとってもかわいいんです。
いつもみんなでのぞきこんで、
「かわいいーー!」

親バカですね^^;

ていねいに、手でこねて、愛情こめて焼いています。

たまたま、他のかたのブログにうちのお野菜ベーグル紹介されていたのをみました。
とっても素敵にうちのベーグルの写真をとっていただいてほんとうにありがとうございました。
焼きかげんもばっちり!
スタッフ一同でみました、みんなで「うれしい~!」

石鹸と彼女とおいしい生活

とっても写真がすてきなブログです。


こんなみなさんの「おいしい」という一言で今日も一日がんばることができます。


お野菜ベーグルサイト www.0831bagel.com
メール: info@110831.com
[PR]
by hakovege | 2009-03-25 08:35 | ワークショップ

茎が甘い

c0170194_039972.jpg

photo:fake. hiroyuki oono
器: 十河 隆史さん

3月初旬、西日本新聞の取材でブロッコリーをつくる山本さんを訪問。
アスパラ・ファーマー 山田くんの紹介です。「すごく一生懸命やってる若手で、ぜひひきあわせたいから」と連絡とってくれました。
電話できいた場所にいくと、まわりはぐるりと住宅や団地にかこまれた農地。(福岡市早良区)
「近所のおばちゃんが買いに来たり、いろいろ声をかけてくれるんですよ、それがここのいいところ。」
ここで、ハウスでトマト、露地でカリブロ、ブロッコリーなどをつくっていました。

「ブロッコリー、茎がおいしいんです。」と山本さん。
同感です。
生徒のなかには、茎はばすっっと捨ててしまう、という人もいましたが、
ここがおいしいんだなあ。
野菜の皮や茎、こんなところを味わうのが楽しみになってしまいました。
c0170194_4342287.jpg

山本さんは、わざと茎を長くして出荷。そして「茎が甘い!」とポップをつくるのだとか。
じょうもんさん市場、いまはやりの生産者が直接もってくる市場でずらっとコンテナがならんでいるところに出荷しています。こういう産直のところは、スーパーみたいに多品種ではなく、旬のものがずらーりと並びます。大根、大根、大根・・・
そんななかで、お客さんに手にとってもらったり、かってもらうすべとして、ポップが重要となります。
山本さんのトマトのポップ。
c0170194_4467100.jpg

産直のいいところは、消費者にとってはなにより鮮度がいいところ(朝どりのものもおおい)、
それから生産者からの直接のメッセージがわかるところだとおもいます。
ですから、農家さんもポップをかく時代です。
どんなこだわりがあるか。どうやって食べたらおいしいのか。
できれば、手書きのほうが伝わるかな。

さて、料理の話にもどり、
わたしは茎をゆでる時、皮をむかずにそのままたっぷりのお湯のなかにどぼん。
太いので火がとおりにくそうにかんじますが、さにあらず。わりと短時間で大丈夫。
ゆであがると、皮がぺりっと簡単にめくれます。
皮もやわらかくて食べられることもあるので、まず食べてみてください。
少々歯ごたえがあるくらいに茹でるのがおいしいとおもいます。
もちろん水にはとらないで。
とっても甘みとうまみがかんじられますから。

今回は、ここをつかっての料理2品、ブロッコリーの茎のペペロンチーノとスウプ。

スウプは、コンソメもなにも入れないで作りましたが、甘みとうま味十分です。

となりの畑では、もうとうのたったブロッコリーが。花がまるでブーケみたい。
c0170194_574255.jpg

わたしたちが食べているところは、花蕾(からい)といって、つぼみであることがわかります。
つぼみ、ひとつひとつから花。


c0170194_58789.jpg

これは、カリブロ。
最初、市場にもっていったとき、ちっとも売れなかったそうです。
山本さんは一人暮らしのときたしなんだ料理の腕をいかし、試作をくりかえして、店頭で試食をくりかえしたそうです。そのおかげで、カリブロもいまでは人気ものに。
カリブロも、もとはロマネスコ といったなじみにくい?名前でした。
カリフラワーとブロッコリーのあいのこで、カリブロ。名前がわかりやすいですね。
ネーミングも大事です。


山本さんはこんな野菜?も。なにかわかりますか?

c0170194_459127.jpg



アーティチョーク。
5,6月が楽しみです。今年で2年目だそうです。
また、いろんな新しい野菜にも挑戦していく、といわれてました。


近くのじょうもんさん市場でこんなポップもみつけました。
c0170194_521773.jpg


もう春がそこまできています。
[PR]
by hakovege | 2009-03-23 06:01 | 農家さん

砂糖の話

c0170194_075522.jpg
3月8日、ごはんや「今ここ」の倉重さんが砂糖の話をしてくださいました。
たくさんのご参加ありがとうございました。
ハコベジも熱気むんむんでした。

ほぼ毎日使っている砂糖ですが、その奥にひろがるいろんな話があるんですね。
砂糖のルーツのお話もおもしろかった。
生産地では砂糖をつかった甘いお菓子はなかったりする。貧しさのため。悲しいことです。

先日、焙煎やさん主催のイベントでみた「おいしいコーヒーの真実」というドキュメンタリーの映画でも悲しい真実が。
あまりにも生産者にわたる金額が少ないのにはびっくりします。
フェアトレード、というのをご存じですか。
発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することで、立場の弱い生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動です。
日本のコーヒーにおけるフェアトレードのシェアはわずか0.2%。先進国ではおくれています。

こんなことを書きながら、砂糖をつかうとき、コーヒーをのむとき、
それをつくった生産者のことなどどこかにいってしまっている日常があるのですが・・。

でも、ちゃんとした価格で生産者をささえないと、まともな食べ物がなくなってしまいます。
野菜も、果物もしかり。
「農家はいっしょうけんめいものつくっても、価格をきめられない、これっておかしいよね」
と馬場農園の馬場さんが生前よくいっていました。
ものの価値をかんがえさせられることが多い昨今です。


「知る」ということは大事なことです。
倉重さん、ありがとうございました。




やっと半年、落ち着いてきたハコベジです。
これから、少しずつ食のイベントをしていこうとおもっております。

第2回「ハコベジ  食の話 野菜の話」

は、「アスパラ農家にいこう」

西区金武のアスパラファーマー山田くんのところにいき、アスパラの収穫体験をして、
いろんなお話を聞く予定です。
アスパラ、どうやってはえているかご存じですか?

3月29日(日) 11:00-   地下鉄橋本駅集合

参加費 1000円程度 摘み取ったアスパラは購入していただきます。
(根っこ(切りそろえのときにでる捨てるところ)はもちかえりできます。ここをスープにするとうまい!レシピさしあげます。)

アスパラは鮮度が命。つみたてのおいしさを味わってください。
リリーフランキー似の山田くんの話?も乞うご期待!
おわったら近くでプチ花見を予定しています。

お野菜ベーグルサイト www.0831bagel.comメール: info@110831.com
[PR]
by hakovege | 2009-03-09 02:07 | 食育イベント