うきは市浮羽町新川


by plantago

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

plantago


メール 0831bagel*gmail.com
(*を@にかえてください)

カテゴリ

全体
ハコベジ・アクセス
野菜料理教室
ワークショップ
プロフィール
お野菜ベーグル
ベーグルお中元・お歳暮
営業のご案内
野菜&ワインクラス
ダンクラ
箱ベジプロジェクト
チャビィ(土鍋)
農家さん
野菜レシピ
食育イベント
講演
撮影
野菜と器
親子料理教室
箱ベジ・レンタルスペース
オマケ
八百屋さん
ふくおかマルシェ
箱崎
ハコベジ・部活
イベント
雑誌掲載
お米・調味料・道具
ハコベジ屋
お野菜ベーグル
筥崎骨董市
ファーマーズマーケット
野草
緑の王国
ちくご元気計画
こうげのシゴト
商品開発
photo
311おかえしごはん
未分類

以前の記事

2017年 03月
2016年 12月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 05月

お気に入りブログ

miki印
ちゅらかじとがちまやぁ
余宮隆
工房正島ぶろぐ
Cesta de musica
T Pottery Diary
EurekA
前崎日記
ヒサシ ノオト
野上耕作舎の耕作日記
ツジメシ。プロダクトデザ...
能古島の歩き方
おいしい信楽。
読谷共同食堂
徒然
BroomNote 植物生活
独華陶邑お知らせ
Kitchen Para...
緑の王国  体験農園 福...
黒木のごちそう たかっぽ

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

料理家
料理・レシピ

ベジキッチンのバレンタイン・ベーグル

c0170194_1683925.jpg

ベジキッチンのバレンタイン。


いつもお世話になっている宮崎・小林市の馬場農場のひろみさんからバレンタインベーグルの注文がありましたので、馬場さんのお野菜メーンでつくってみました。かわいかったので、FBにアップしたら
ほしい!といくつかメールがありましたので、少しだけ販売することにしました。

c0170194_169465.jpg



c0170194_16103652.jpg

こんなかんじでお渡し。発送は、手書きのメッセージも代筆いたします。

チョコが苦手な方にいかがですか?もちろんご自分用にも。
卵・乳製品がはいっていないので、ベジタリアンのかたにも喜ばれています。
白神こだま酵母と国産小麦粉春よ恋、てごねてづくりをしています。

ハート型のベーグルはプレーンで、ピンクはビーツです。うちのベーグルのいろんなお野菜・果物でトッピングをしています。(中身ははいっていません。)
店頭では2個セット売り(700円) 発送では9個セット(2750円)で販売いたします、予約のみです。
11日までにメールまたはお電話にてお申し込みください。

メール  0831bagel*gmail.com   *を@にかえて
電話  092-632-0831

14日は店頭はおやすみですが、ご予約のかたのみお渡しいたします。発送は14日着でしたら、関東より北は2日かかりますので12日の発送になります。
[PR]
# by hakovege | 2012-02-09 16:20 | お野菜ベーグル

今ここ 倉重さんのアフリカ料理  おかえしごはん

c0170194_21412298.jpg

おそくなりましたが、1月のおかえしごはんの御報告。
おかえしごはんは、福岡の料理家があつまってチャリティでレッスンをおこない、東北支援に寄付する、といったものです。2011年4月より月に一度ベジキッチンにておこなっています。
生産者のかたも協力いただき、いつもゆむたファームさんやリバーワイルドさんがおいしい食材をボランティアで提供してくださっています。

講師も、今回、福岡の人気レストラン「今ここ」のオーナーシェフ倉重さんが「ぼくにもやらせて!」と名乗りをあげてくださいました。
ほんとうにありがたいです。今ここの倉重さんには、以前ハコベジでのワークショップ「砂糖の話」をしていただきました。

さて、倉重さんの得意なアフリカ料理をいろいろご紹介いただきました。

東アフリカの夕ご飯
エチオピアのごはん
・ドロワット(鶏と卵の煮込み)
・ゴーマン(ほうれん草の炒煮)
・ダッボ(エチオピアのパン)
ケニアの主食
・ウガリ(白とうもろこし)

カルダモンは、ふつうのものと「黒カルダモン」ともってきてくださり、ポイントは、つかうまえに「炒る」ことでした。スパイスの、食欲をそそる香りがハコベジに充満してました、幸せ~。

倉重さん、東アフリカのお話、スパイスのお話などしてくださいました。

c0170194_21443746.jpg

早く食べたい!!

c0170194_21451411.jpg


遠く、大分から以前教室に参加してくれたコディゴロの河崎君も参加。
無農薬でおいしいベビーリーフなどをつkっている農家さんです。
パンをおいしそうにこねあげてくれました。
このパン、クミントカルダモンのスパイスをいれて焼きあげ、なんとバナナの葉でくるむのです。そして、葉ごとカットして食べます。シンプルだけど、最高においしかった!


c0170194_2146876.jpg

c0170194_21433883.jpg


これで、ウガリをつくりました。(白とうもろこしの粉でつくった東アフリカの主食  ごはんみたいなものです)
ひたすら練ります。
このウガリは、手で食べます。これもはまるおいしさ。
c0170194_21462969.jpg


スパイスの香りにつつまれながら、みんな和気あいあいと楽しい時間でした。
倉重さんありがとうございました!
[PR]
# by hakovege | 2012-02-04 21:46 | 311おかえしごはん

宇宙堂503(雑貨屋さん)でベーグルラスク購入できます

c0170194_21175489.jpg


薬院の人気の美容院、宇宙堂さんがやられているすてきな雑貨屋さん 宇宙堂503(ソネスさんの上、5階)

こちらにうちのラスクをおいていただいてます。



ベーグルをスライスして、時間をかけて焼きあげています。

オリーブオイル+天日塩+フブラックペッパー  と

シナモン+きび砂糖

の2種類。(各330円)

お塩味は、ビールにもあいますし、砂糖味のほうはワイン、珈琲のおともに。
うえにドライフルーツや、クリームチーズをのせたら簡単なカナッペに。

いつも土曜日の13:00くらいに配達していますので、
ご予約いただけたら、お野菜ベーグルもお届けします。

今週から 新宮の横大路さんのネーブルも焼き始めました。いい香りです。オリーブオイルとの相性も抜群。
[PR]
# by hakovege | 2012-02-03 21:31 | お野菜ベーグル

うきは百姓組のドライフルーツ。あすかルビー登場。

c0170194_2171576.jpg


うきは百姓組の佐藤君がつくる「あすかルビー」(苺)のドライフルーツ入荷しております。
現在、4種類そろっています。
梨、トマト、柿、苺。

あすかルビーのベーグルもそろそろ登場します、お楽しみに。

百姓組、いろいろがんばってます。
ことしのバレンタインは「ショコラヒャクショー」というケーキやさんとコラボ。阪急地下で絶賛販売中です、ドライフルーツとチョコとの相性ばっちりです!おいしそう。
[PR]
# by hakovege | 2012-02-03 21:12 | お野菜ベーグル

手みやげ上手 ソワニエ2.3月号にご紹介いただきました

c0170194_20145524.jpg


福岡市南区にあるすてきな器屋さん、悠遊さんの高津洋子さんにソワニエの「手みやげ上手」にご紹介いただきました。
悠遊さんではスタイリストのしもむらひろみさんや帽子の原恭子さんたちとよくいっしょにイベントをさせていただいていました。熊本象さんの器とであったのもここです。
悠遊さんでは、いつもすてきなかたと出会います。


高津さん、ありがとうございました!

ブログ拝見したら山に修行にいっているそう・・・・
[PR]
# by hakovege | 2012-02-03 19:58 | 雑誌掲載

常識がかわる50度洗い・低温スチーミング 料理は化学なのだ

c0170194_1654334.jpg


野菜は冷水でぱりっとさせる。これがいままでの常識だ。
ちょいとあつめのお湯で洗うなんて、「えっ?」とおもうかたがほとんどだろう。
くたっとなるのではないか。
さにあらず。
ぱりっといきかえるのだ。

温度と食材の関係。それを追求されているのがスチーミング調理技術研究会代表の平山一政先生。世界一受けたい授業やnhkなどでもおなじみの先生だ。先生は、別府出身。別府には湯けむりがたちのぼる、蒸しの本場だ。先生は、出身でもある別府で指導をされていて、たまたま低温スチームの研究会を主宰している別府のギャラリー(もと旅館)富士屋さんの代表の安波さんにもいろいろお手伝いいただけることで先生のベジキッチンでの講座が実現した。(安波さんは、偶然にも同じ大学の後輩であったため、いろいろと無理をおねがいしてしまった。)

先生によると、低温で蒸すことは、古来から行われており、食物の酸化を最小限に抑え、栄養価や旨み成分を閉じ込めることが出来る最も効果的な加熱方法なのだそうだ。

 
お付き合いしている加工関係や農家さんたち、うちの教室の生徒さんで興味があるかたにご参加いただいた。
水菜農家さん、米農家さん、ねぎ農家さん、梨農家さん、ジャムやさん、など多数参加。
農家さんも、自分がつくる食材をどれだけおいしく、どれだけ鮮度を保持するか、は大事なテーマだろう。
うちでもレッスンをはじめ、ベーグルに野菜・果物を加工していれているので、
いかに素材のよさをひきだすか、というのは永遠のテーマ。
c0170194_16552867.jpg


低温スチームは100℃で蒸すのではなくて60℃~70℃という低温で蒸すことにより
旨味を残したままアクや臭みをとる技術。栄養素もこわないし、素材の甘みがひきだされるのだ。
驚くのは、野菜だけではなく、肉、魚もそう。
また、50度で食材をあらうことで、
お肉のブロックを50度のお湯につけてじゃぼじゃぼあらう。いままでに見たことがない光景。
だが、驚くかな、油分や汚れが目ににえるし、肉は15分ほどつけることで熟成がはやまる、という。


また、50度で食材を洗うことで、素材が美味しくなるし、汚れがおどろくほどとれる。
c0170194_16272233.jpg

これははまぐり。
あさりのほうがわかりやすいが、すこしひらいて触覚をだして汚れを吐き出す。
牡蠣も、こんなによごれているのか、とびっくりするくらい。
いままで大根おろしであらっていたのに。
それに、身がぷりっとなる、日持ちもする。
魚のアラもいまやすっかり50度あらい。
えっアラダキつくるのに、霜降りしなくっていいの?とおもいきや、これがおいしいのだ。
次の日も、また次の日も臭みなし、と実験すみ。


まずは、すごくわかりやすい、もやしやレタスなどの50度洗い。
レタスを食べ比べると、あきらかに味もちがうし、しゃきしゃきとする。
もやしは、あの独特の臭みがなくなるし、日持ちがまったくちがう。
うちの生徒たちももう日常にとりいれてる人もおおい。



うきは百姓組の佐々木くんとブラザーズの弟くんも「愛宕」をもって参加。
梨の50度洗い。
c0170194_16253528.jpg


食感には好みがあるところだが、甘みが増している。

宗像の自然農をやっている滝口さん。元気のいい小松菜や水菜を持参。
c0170194_1631352.jpg

50度につけ15秒。
すっかり元気になる水菜。



トマトや、いちごなども。実証ずみです。甘くなる。



ベジキッチンでは、果物の仕込みにもさっそくとりいれている。
現在はネーブルの仕込み。ネーブルを50度であらっている。
お風呂気分で、きもちよさげ。



常識がくつがえる。食材と温度の関係、ほんとうにおもしろいのです。

先日の先生のベジキッチンでの講座、nhkの取材がありました。本日放送です。
農家さんや生徒さんたち、インタビューされていたから、きっとだれかでてるだろうな。

http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/yotei/index.cgi
クローズアップ現代2月2日19:30- 「科学がひらく料理の扉」

是非ごらんください。
[PR]
# by hakovege | 2012-02-02 16:57 | 野菜料理教室

あけましておめでとうございます

c0170194_1545425.jpg


みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もお野菜のおいしさを皆さまにお届けしたいと思っております。
どうぞよろしくおねがいたします。

1月5日11:00より営業です。
三社参りがまだのかたは、筥崎宮へご参拝の際、お立ち寄りくださいませ。
1月18日-23日は大丸・日田展にも出店しておりますのでよろしくおねがいいたします。

ビーツのベーグルで御鏡もちをつくりました。



元旦は、はじめて近くの立花山・三日月山に御来光をおがみに。
雨はふらなかったのですが、残念ながら雲厚くおがめませんでしたが、
c0170194_15503746.jpg

ここには大きな樹齢300年の樟(クス)の木があり、凛としてすごく存在感があります。
いつもここで1年分のパワーをもらっています。

なんてことをいってたら、「そんなムシのいい話・・・毎週のぼれ!」とまわりからいわれましたが・・・。
なんと木の周り8メートルもあるのですよ。圧巻です。
樟は、この立花山あたりが北限なんだそうです。天然記念物にも指定されています。
ブログをみられたかたにも、パワーがいきますように。

去年はいろんなことがありました。
今年は、きちんと足元をみて、自分にできることをやっていきたいとおもっています。


c0170194_1633669.jpg

家族も2ひきふえて賑やかなお正月になりました。
左のアリィは名島の海岸で生後3カ月で保護され、もううちにきて1年半。そして12月に右のキララ・ハナ(もう1匹います)がやってきました。彼女らは筥崎で保護されました。すぐなかよしに。
ベジキッチンの生徒のMさんがボランティアで里親さがしをしています。
c0170194_16235531.jpg

猫におしえられることはたくさんありますよ。
なにごともマイペース。たくさん寝る。すてきです。






c0170194_1642364.jpg

それからみなさんにお願いがあります。
書き損じのはがき、よかったらハコベジにおもちください。

カンボジアの地雷をなくすボランティアのお仕事をされている古川さんが年末ハコベジにこられました。
古川さんとは、とても奇遇な御縁で、
以前NHKにでたときに奥さまのGさんがディレクターをされていて、Gさんがだんなさまの古川さんをつれてハコベジに遊びに来て下さいました。そして、古川さん、「カンボジアの仕事をしてるんですよー」といわれたので、たまたまわたしの亡くなった叔母がカンボジアにときおりいっていたので、その話をしました。
そしたら偶然にも、叔母は古川さんといっしょにカンボジアにいっていた仲間でした。叔母も地雷撲滅のボランティアをしていたらしいのです。
そのあと、また古川さんハコベジにたずねてきてくださって、叔母の話などいろいろしてくださいました。
というわけで、今回のキャンペーンの話にいたったわけです。

日本は昨年大変な年でした。でも、海外にも悲惨な現状があります。地道な活動をされているので、
書き損じのはがきを寄付することでお役にたれるならば、とおもいますので、みなさんよろしくです。
このはがき書き損じ地雷撤去キャンペーンは3月までだそうです。
集まったはがきは、日本で換金して支援している地雷撤去団体や病院へ直接届けるそうです。
はがき3枚で1㎡の地雷原を撤去できるそうです。

(財)カンボジア地雷撤去キャンペーン 事務局 
電話 092-833-7575  担当  古川(事務局長)

おまけの話ですが、以前古川さんがたずねてきてくださったとき、「カンボジアの古川ですが」というのを、
スタッフがそらみみで「乾物屋の古川さんがおみえになりました。」というふうに伝わりました・・・。

元旦たわけ
[PR]
# by hakovege | 2012-01-01 16:36 | 営業のご案内